近頃は日本各地で天災(人間のしたことに原因がない災害をいいますが、環境破壊がその一因になっていることもあるかもしれません)が頻繁に発生し、それにより水への関心が一気に高くなっているのです。日本の水道水(日本では公共事業ですが、フランスやイギリスでは民間企業が行っています)は、世界に比べ、とても恵まれた環境である事は間違いありませんが、それでも水道水に含まれる塩素や他の色々な成分は気になりますね。まして、小さな子どもを持つ家庭にとってはなおさらのことをいうのです。そんな中、今注目されているのがウォーターサーバーです。近頃、ショッピングモールやデパートなどでウォーターサーバーのイベントをやっているのをよく見かけます。このウォーターサーバーは水道水と比べて、断然安心で清潔な水をいつでも飲むことができる装置です。今では個人で自分の住居に設置する家庭もますます増えつつあるんです。では実際、我が家にもウォーターサーバーを置いてみようと思った時に、サーバーを購入するのとレンタルするのとどっちが得か気だと言えるでしょう。少し前までは、購入かレンタル(最近では、色々なものが借りられますから、買う前に一度検討してみてもいいかもしれません)かいずれか選べるようでしたが、さいきんではレンタルのみの業者が多いのです。サーバーを購入する際には、サーバー料金はだいたい5万円前後で購入でき、購入後は水代のみ費用がかかるだけでメンテナンス(実施しなくても不具合が起きない事を「メンテナンスフリー」ということもあります)料やレンタル(不特定多?の人に貸すことをいうのが、リースとの違いです)料などの費用は一切かかりありません。サーバーを長く使いたい人にとってはトータルでみたらレンタルより安いかもしれませんが、サーバーのメンテナンス(こまめに行うことが状態をよく保つためには必要不可欠でしょう)や手入れなどは自分で行わなければならず、定期的に業者は来てくれないのです。一方、レンタル(貸し出す期間が比較的、短期間でしょう)だと水注文のノルマ(最近では、「年賀状ノルマ」が話題になりましたね)はあるものの、レンタル(物を一時的に借りることです)料やメンテナンス(整備や保守、点検や手入れなどのことをいいますね)料がタダで利用できる所もあり、定期的に業者がメンテナンス(怠ると不都合が生じることが多いでしょう)しに来てくれるはずです。また、レンタル(最近では、色々なものが借りられますから、買う前に一度検討してみてもいいかもしれません)料は有料とは言っても、水注文のノルマ(最近では、「年賀状ノルマ」が話題になりましたね)もなく定期的にメンテナンス(こまめに行うことが状態をよく保つためには必要不可欠でしょう)が受けられるところもあり、レンタル(不特定多?の人に貸すことをいうのが、リースとの違いです)の方がそういう付加サービスが充実してしまっているところが多いです。総合してみたら、レンタル(最近では、色々なものが借りられますから、買う前に一度検討してみてもいいかもしれません)の方が定期的にメンテナンス(定期的に必要となることが多いでしょう)に来てもらうことのできるし、不必要であるらすぐに業者が回収しに来てくれますからおとくなのではないでしょうかー